2012年12月05日

よく喋るおじさん

昨日も明日も暇なのに、今日に限って
取材3本となかなかなスケジュール。
予定って重なるよね。

壱と一緒に起きて、朝は取材準備して、昼から行動開始。
まずは新宿、「PATi▼PATi」誌で連載している、KIDS取材。
奈良在住のこのバンド。来月は東京に来れないっつうことで、
2号分まとめてインタビュー。
言ってくれれば全然、奈良まで行くのに!
男子グータンヌーボでワイワイ盛り上がって、約2時間の長丁場。
ダッシュで渋谷に向かって、次の取材へ。



2本目は先週ライブに行ったばかりの、打首獄門同好会
初めましてだけど、面白いヤツに決まってる!と思ってたら、
ボーカルの大澤くんは案の定でオモロなヤツ。
ラーメン二郎トークやロックの話でゲラゲラ笑って、
予定時間ギリギリまで話して取材終了。
打首には世界に行って欲しいなぁ。
黒人とかが“打首獄門同好会”ってTシャツ着てたら最高じゃん!



3本目は「ZIP」でお馴染み、フォークシンガーのダイスケくん。
こちらも初めましてだけど、良いヤツに決まってる!と思ってたら、
案の定でめちゃくちゃナイスガイ。
それでいて、しっかり芯のある男で、
こちらも大盛り上がり(音楽とは関係ない話中心に)。
ICレコーダーを止めてから、「でさぁ……」って始まって、
「さ、そろそろ帰りますよ!」と編集さんに止められるという、
最近ではよく見る光景で取材終了。
しかし、我ながらよく喋るおじさんだなぁ、俺は!



帰りに久しぶりに来た笹塚の街を徘徊するも、
どうしても寿司が食いたくなって、
新宿まで出て、またもや、すし三崎丸で立ち食い寿司。
壱におみやげで「別冊宝島 ビックリマン・シールコレクション」購入して帰宅。
ヘッドロココ、ヘラクライスト、ネロ魔身から、
第7弾? のシールが全30枚入った、むちゃくちゃなこの本。
ブラックゼウス、魔性ネロと立て続けに一発ゲットした、
「おれってせかいいち、うんがいいんじゃない?」な、
壱のビックリマンファイルには、俺が小学生の頃に
万引きしてでも欲しかったシールがどっさり!(しないけど)
しかし、30年近く経って、ひと回りして自分の子供と
こんなに話が合うって素敵だよなぁ。最高の友達だよ!



posted by フジジュン at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

腰痛ジジイ

午前中起きると、やっぱり腰がイテテテ。
昨日ほどの痛みはないけど、背中全体が痺れる痛さ。

嫁はんに教えてもらった、近所の治療院へ。
「腰のねんざみたいなもんですね」と診断されて、
マッサージ&ストレッチ、電気治療。
腰に当てるバンドを購入して、いよいよジジイだなとガックシ。

だいぶ楽になったので、背筋を伸ばして良い姿勢で原稿書き。
壱に「いいか? 今日は背中に乗るなよ!? 
お前の軽はずみな行動で、一生遊べなくなるかもしれないからな!?」
と脅かすも、うつ伏せになってTVを見ていたら、
背中にドッスン……激痛に悶絶!
「あぁ、わすれてた、わすれてた」だって。お前、わざとだろ!?

明日はなかなかの忙しさなので、取材準備だけ済ませて早めに就寝。
posted by フジジュン at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

未来ある少女と未来なきオジサン

なんでわざわざ、こんなタイミングで始めたんだろう?
BLOG更新とドラクエX……。
大丈夫。頑張って更新もするし、レベルも上げるよ!

出版業界には、いわゆる“年末進行”ってのがあって。
簡単に言うと、年末年始と印刷所がお休みになるので、
普段だったら月末の締切が一週間くらい早まったり、
翌月締切の物が年内締切になったり、
とにかく仕事を前倒しで進めて、年末年始はゆっくり過ごしましょうと。

そのお蔭で僕らはゆっくり正月休みが取れるのですが。
11月のお仕事が終わったら間髪入れずに
12月分の予定がバタバタとやってくるわけで。
12月前半ってのは、なかなか大変ななわけですよ。
しかも、会社員じゃないから、ボーナスなんてご褒美もなくて。
年末、出ていくばっかりで、お財布はすっからかん。
クリスマスが楽しいのは、子供とラブラブなカップルだけだし、
まったくもう……なんて、暗い気分にもなるのですが。

朝、むっくり起きると腰に激痛。
ちょっと今まで味わったことのない痛みで、
「ヤバい、これは歩けなくなるぞ……」と真剣にビビる。
壱に追いやられて、変な格好で寝ていたからか?
はたまた、今朝はとびきり寒いからか?
慌てて風呂を沸かして体を温めて、
少し痛みが和らいだところで、自分でマッサージ。
病院行きたいところだけど、午後イチで取材が入ってるので、
体をかばいながら、取材現場へ向かう。

本日の取材は今、大注目のBABY METALちゃん。
「夏休みの日記に、「「SUMMER SONIC」に出ました」って書いて……」
だって。そんな中学生、聞いたことないよ!
新曲、めっちゃカッコいい&カワユイ!
結成時から歌い続けた曲の完成形、これぞBABY METAL!
ホントに世界行って欲しいな。痛快だろうな。



「あれ? ちょっと大きくなったんじゃない?」なんて言いながら、
これから心も身体も成長するばかりの希望溢れる少女たちと、
腰を痛めてウヌヌと苦悶する、老化するばかりの自分を比べて、
なんだか悲しい気分になってくる(泣)。

帰り道、日も暮れて肌寒くなってきたからか、
家まで帰る道中も耐えられないほど腰が痛む。
明日は一日原稿書きの予定なので、整形外科にでも行くことにする。
posted by フジジュン at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

チャンネルはそのまま

午後、壱と嫁はん連れて浅草。

腹ぺっこぺこで浅草に到着して、
お目当ての洋食屋さんに行くも、ランチ営業は終了。
第二候補の浅草いち美味しいと噂のハンバーグ屋さん「モンブラン」。
俺は人気ナンバー1のオランダ風ハンバーグ。
嫁はんはエビフライでスカイツリーを模った、東京スカイツリーハンバーグ。
チーズがたっぷりかかったオランダ風ハンバーグ美味しかったな。
たぶん、オランダの人はそんなの食べないだろうけど。
オランダの人にもこの食べ方を教えてあげたい美味さだ。


↑ オランダの人

飯食って、お友達のてるちゃん(カメラマン・てる道)が
個展「けいさんのないいろ」を開催している、
浅草・The three rubbersへ。
しっかり時間かけて作りこんだ、てるちゃんの作品。
魂注いだ自分の可愛い作品たちを飾って、
見に来てくれる人たちを笑顔で迎えるてるちゃんの凛々しい姿見て、
カッコいいと思ったし、なんか羨ましかったな。
壱に「どの作品が一番良いと思う?」って聞いたら、
「おれはね、はいけいだけで、ひとがはいってないのがいいとおもうんだよ」
とか言って、てるちゃんの人物写真ありきな作品の方向性を全否定(笑)。
ま、子供の言うことなんで。
壱と遊んでもらった上に、年賀状用の写真まで撮ってもらう。
手ぶらで行っといて図々しい!

夜はヴィジュアル系の聖地・目黒鹿鳴館で、+桃尻東京テレビジョン+ワンマン。
このライブで一時、活動休止を宣言した桃尻。
桃尻結成直前のアルプスとシゲ(ex.桃尻)がウチに居候して、
曲作りしたり、酒飲んだりして、ワイワイしながら結成準備してたのが、
壱が生まれる直前、7年前の出来事。
アレから紆余曲折あって、2度目の大型メンバーチェンジ。
他にいないタイプの面白いバンドだと思うんだけど、なかなか報われない。
3度目?のワンマンは、現体制での桃尻をしっかり出し切った良いライブだった。
アルプスは盟友だと思ってるし、身内に近い関係だから思うことも色々あるけど、
復活後の新生、いや真正+桃尻東京テレビジョン+に期待するしかない。
お互い、そろそろ本気出そうか? お前も頑張れ、俺も頑張る。



「冷蔵庫はいらない」+桃尻東京テレビジョン+
ホントはいるけど(ビールとか冷やしたいし)。
posted by フジジュン at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

芸能

いよいよ、12月ぅ〜〜〜! と言うことで。

本日は星屑グループの秋葉原興業「アキバスターライブvol.3」の開催で、
2012年の締めくくりを華々しくスタートする予定だったのですが。
もろもろ、調整が上手くいかず、2週間前に開催中止が決定。
小さいながらもイベントの主催者として、
これは絶対良くないことだと分かっているのですが。
時間を割いて、お金を払って見に来てくれた人たちに、
納得の出来る物を作れないということで、今回は苦渋の決断。
自分的にもすごく不本意だし、時間を空けてくれていた人にも申し訳なく、
二度とこんなことのないようにしたいと思っています。ごめんなさい。

……ということで、ひょっこりと一日空いてしまったのだが。
朝まで呑んでた&ここ数日の寝不足で昼過ぎまで起きれず。
午後、むっくりと起き出すと、嫁はんも壱も外出中。
アリもんでモグモグと昼飯食って、もろもろ雑用。

夜は打首獄門同好会を観に、下北沢ReGへ。
生でライブを観たのは初めてだけど、いいバンドだなぁ〜〜!
曲や演奏、パフォーマンスがカッコ良いってのはもちろん、
男のお客さんが多くて、バンドと一緒になって大暴れして、
一緒になってライブを作ってるのを見て、
「こういうバンドって意外といないよな」と感心&興奮。
へヴィな演奏で聴かせるだけでなく、しっかり魅せるライブ。楽しかった!

最近、すごく思うのは、“エンタテイメント=芸能”だということで。
“芸能人”っていう言葉の一人歩きで、芸能ってチャラいイメージあるけど、
歌舞伎や落語だって、日本では人を楽しませる“芸能”というジャンル。
バンドもお笑いも演劇も全てのステージ上での表現が、
ラスベガスのショーシルク・ドゥ・ソレイユとか、
世界を夢中にさせるエンタテイメントというものに、
日本の歴史や文化をもって真正面から挑む、“芸能”であるべきだと思う。



そういう意味で、打首のパフォーマンスは、海外でも通用すると思った。
日本の歴史や文化をもってなんて仰々しいこと言ってるけど、
バンド名のインパクトや歌詞の語感だって、日本ならではの表現。
<♪私を二郎に連れてって>とか、外人には何言ってるか分からないけど、
「日本語や曲やパフォーマンスがカッコいい!」っていうだけで、
十分、世界にアピール出来る、日本の芸能だと思う。
<♪私をフーターズに連れてって>って外人が英語で歌ってたとして。
曲やメロディが良かったら、深く考えずに「カッコいい!」と思うでしょ?
……ってのは、少し大げさかも知れないけど。
日本の芸能は世界のエンターテイメントに負けてないと思ったなぁ。



ま、そういう俺はラスベガスも行ったことなければ、
シルク・ドゥ・ソレイユも生で見たことないんだけど(笑)。

posted by フジジュン at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。